トップページ > スポーク・クリニック  >  リハビリテーション科 - 診療内容

リハビリテーション科

当院のリハビリテーション

当院リハでは、市民の健康増進からスポーツ活動へのサポートをはじめ、リハビリテーションの必要な方々へ、理学療法士4名、作業療法士1名、介護スタッフ4名にて最良のリハビリテーションを提供いたします。

リハビリ室では、大きく分けると3種類のリハビリテーションを行っております。

一般リハビリ
肩・腰・膝などの痛みでお困りの方などへのリハビリとして、姿勢の評価から骨運動や筋肉の動きなどを確認・修正することで、根本的な悪い動きに変化を与えることで痛みの緩和・改善を行います。
スポーツリハビリ
当院のスポーツリハビリでは、医師による手術後あるいは外傷・障害後におけるメディカルリハビリテーションと 競技復帰・再発防止を目指したアスレティックリハビリテーションを行います。スポーツリハビリでは、競技復帰に必要な筋力強化だけでなく、再発防止を含めた動作指導(運動連鎖や姿勢制御に基づいた、走り方や投げ方、蹴り方など)、テーピング指導、必要に応じた装具の処方(医師、義肢装具士との連携)などにより、怪我したあとでも安心してスポーツをできるようにお手伝いしていきたいと考えています。
術後リハビリ
当院は手術を行える施設ではありません。提携病院や遠方の病院で手術を受け、術後リハへ通院困難な場合、紹介状を基に当院での術後リハを受けることとなります。術後リハは、急性期病院で何らかの手術を行った方が自宅での療養を行いながら、日常生活に適した状態を維持・増進するための最良な方法をアプローチすることになります。

リハビリ終了後

当施設の特徴としてリハビリ終了後の機能維持活動として併設のフィットネスへの連携も可能となっています。

下記のボタンより、当施設のフィットネスセンターについての紹介ページをご覧いただくことが出来ます。

スポーク・フィットネスセンター紹介ページへのボタン