トップページ > スポーク・クリニック  >  整形外科(スポーツ整形) - 診療内容

整形外科(スポーツ整形)

スポーツ整形とは

スポーツ整形とは、スポーツを行う人の外傷や障害に適した整形外科です。スポーツ整形外科は、整形外科同様、骨折や靭帯損傷なども取り扱います。ただ、通常の整形外科との違いは、医師のスポーツに対する理解が深く、スポーツ障害・外傷に対する治療の専門的なノウハウを結集して治療に当たるということです。

いかに治療後も快適にスポーツをつづけられるか、いかに再発を防ぐか、故障といかに付き合いながらスポーツにおいて好成績をだすかということまで、考慮して治療に当たります。ですので、時には治療がスポーツそのもののアドバイスにまで、及ぶこともあります。

スポーツによる「けが」

スポーツによる「けが」とは、スポーツ外傷とスポーツ障害(使いすぎ)に分けることができます。

  1. スポーツ外傷とは、スポーツ活動中に一回の外力により、急に生じるもので、骨折や捻挫(靭帯損傷)、半月版損傷、脱臼などがあります。
  2. 
スポーツ障害(使いすぎ)には、繰り返す微小な外力が積み重なって生じるもので、疲労骨折、投球障害肩、野球肘、ジャンパー膝などがあります。


スポーツ整形における治療について

MRI画像これらの外傷・障害を正確に診断するために、レントゲンやMRIなどの画像診断を行い、同時にスポーツの種目や競技年数を把握し、保存的治療もしくは手術的治療をおこなっていきます。また両方に共通して根源に体全体のバランスが崩れている事が多く見られます。スポーツ整形では、部分的治療だけではなく、体全体のバランスを見ながらの治療をおこなって行きます。保存的治療では、適切な安静と、ストレッチ、アイシングなどの自己管理指導、再発を防止する種々のリハビリ法についての指導を行います。

医師紹介

<整形外科(スポーツ整形)担当の先生>

大嶺 啓(おおみね あきら)先生 (院長)
    <専門分野>
  • スポーツ整形・膝関節
    <主な資格など>
  • 整形外科専門医
  • リウマチ専門医
  • 運動器リハビリテーション認定医
  • 日本体育協会認定スポーツドクター
先生から一言:
スポーツを生活の習慣に取り入れて健康 寿命を延ばしましょう。 適切な運動・スポーツをアドバイスします。
濱崎 直人(はまさき なおと)先生
    <専門分野>
  • スポーツ整形・肩関節
    <主な資格など>
  • 整形外科専門医
  • 運動器リハビリテーション認定医
  • 日本体育協会認定スポーツドクター
先生から一言:
関節疾患(特に肩関節)では全身のフィットネスがとても大切です。肩痛の原因が五十肩ではなく、腱板断裂のことがよくあります。お悩みの方、一度受診を!
比嘉 丈矢(ひが たけや)先生
    <専門分野>
  • スポーツ整形・一般
    <主な資格など>
  • 整形外科専門医
  • 日本体育協会認定スポーツドクター
先生から一言:
適切な運動・スポーツを生活習慣に取り入れてみませんか。
盛島 秀泉(もりしま ひでもと)先生
    <専門分野>
  • スポーツ整形・一般
    <主な資格など>
  • 整形外科専門医
  • 日本体育協会認定スポーツドクター
先生から一言:
肩や膝などの関節にスポーツや日頃の生活で痛みを感じることがありませんか。なにか原因があるかもしれません。一度受診してみてください。

<整形外科(一般)担当の先生>

照屋 善光(てるや よしみつ)先生
    <専門分野>
  • 整形外科(一般)
    <主な資格など>
  • 整形外科専門医
先生から一言:
関節外科を中心に整形外科一般を担当しています。分かりやすい説明と優しい診療を心がけています。

<リハビリテーション専門医>
整形外科の知識を持った、リハビリテーション専門医による診察です。
急性期から社会復帰まで、トータル的にフォローアップできるのが、リハビリテーション専門医の強みです。
装具、義足などの相談も受けられます。

山口 健(やまぐち たけし)先生
    <専門分野>
  • リハビリテーション一般
    <主な資格など>
  • 整形外科専門医
  • 日本リハビリテーション医学会専門医
  • 運動器リハビリテーション認定医
  • 日本体育協会認定スポーツドクター
  • 障害者スポーツ スポーツドクター
先生から一言:
リハビリや補装具などのことで困ったこと があればご相談ください。